丸の内AMS株式会社 丸の内AMS株式会社

自宅を
今すぐ現金化
そのまま住み続けることもできる

  • 住宅ローンが
    残っている方も
  • 税金の滞納
    がある方も
  • 住宅ローンが
    残っている方も
  • 税金の滞納
    がある方も
  • 大手不動産会社に断られた方
  • リースバックかんたんシミュレーション
  • よくある質問
  • 大手不動産会社に断られた方
  • リースバックかんたんシミュレーション
  • よくある質問
  • このような希望にお応えします!
  • 「今すぐ現金が必要」
    「住み続けながら、住宅ローンや税金の支払いから解放されたい」
    「老後のために現金を確保したい」

リースバックなら「現金を受け取り、その後そのまま住み続けること」ができます。ここ数年で一般的になってきており、資金調達の有効な手段です。

丸の内AMS株式会社では、リースバック専門の相談員が、あなたと一緒にベストな方法を考えますので、安心して資産を活用できます。

リースバックとは

自宅を活用して現金を受け取ったうえ、そのまま住み続けられるシステムです。

リースバックとは、家を一度売却して現金を受け取り、そのままその家に住み続けることを実現するしくみです。将来的に買い戻すことも可能です。

リースバックのしくみ

リースバックの仕組み

大手不動産会社にリースバックを断られた方

大手不動産会社にできないリースバックとは!?

  • オーバーローン(不動産の売却代金よりも住宅ローンの残額が多い)の物件
  • 多額の税金滞納があり、役所から差し押さえがされている物件

なぜ大手では対応できないの?

それは、銀行や役所との話し合い・調整が必要になるためです。
オーバーローン(不動産の売却代金よりも住宅ローンの残額が多い)場合、家を売却しても、住宅ローンを完済できません。住宅ローンが完済されなければ、銀行は売却を認めてはくれません。(差額を現金で準備して、住宅ローンを完済できれば売却できます。)

また、税金滞納による差し押さえも同じく、役所との話し合いがなければ不動産を売却することはできません。大手不動産会社は、銀行や役所との話し合い・調整を伴う売却には対応しないため、リースバックを断るケースが多いのです。

当社が対応できる理由

当社は、オーバーローンであっても、銀行と話し合いをして合意の上で売却を行うこと(任意売却)を強みとしています。また、税金滞納による差し押さえが役所から入っている場合も、差し押さえ解除の話し合いを行った上で売却活動をします。

そのため、大手不動産会社が取り扱わない下記のようなケースも、リースバックが可能です。

・ オーバーローン
・ 住宅ローンを滞納している
・ 税金の滞納による差し押さえが入っている

諦めずにご相談ください。

リースバック
かんたんシミュレーション

「家賃はいくらになるの?」
「いくらで売れば良いの?」

「リースバックかんたんシミュレーション」で、どれくらいになるか、それぞれ今すぐご確認いただけます。

  • 売却価格から家賃を調べる
  • 希望家賃から売却価格を調べる
  • ①ご希望の「売却金額」を入力してください
    ②「利回り」を選択してください

    利回りとは、売却金額に対する年間の家賃の割合です。
    ご所有の不動産によって変動します。目安は6.0~12.0%です。

    結 果

    月々の家賃

    およそ

    ※月々の家賃はおよその目安を表示しております。
    ※お客さまの不動産の状況により変更になる場合があります。

  • ①ご希望の「月々の家賃」を入力してください
    月々の家賃円/月
    ② 「利回り」を選択してください

    利回りとは、売却金額に対する年間の家賃の割合です。
    ご所有の不動産によって変動します。目安は6.0~12.0%です。

    結 果
    売却金額

    上記の金額で売却した場合、ご希望の家賃となります。

    ※売却金額はおよその目安を表示しております。
    ※お客さまの不動産の状況により変更になる場合があります。

リースバックの流れ

マンガで読む「リースバック」

初めて「リースバック」という言葉を知る人がたくさんいらっしゃいます。そこで、代表的な5つの活用事例をマンガでご紹介します。

他のマンガはこちらからクリック

リースバックはこんな人におすすめ

資金調達する方法として有効なリースバック。実際に利用されている方は、次のようなご希望を実現されています。

「今すぐお金が必要」
「事業資金・運転資金が必要」
「住み続けたいけど、税金の支払いから解放されたい」
「老後のために資金を残したい」
「子どもや孫のための教育資金をつくりたい」
「相続問題で揉めたくない」
「住宅ローンや借金をすべて終わらせたい」

リースバックなら、このようなご希望を叶えることが可能です。

自宅以外の不動産もリースバックが可能

自宅のリースバックはもちろん、店舗や工場もリースバックが可能です。

例えば、自宅兼店舗で事業をされているケースなら、事業用資金を得ながら、そのままその場所で事業を続けることが可能です。

不動産の名義は、個人であっても、法人であっても差し支えありません。そのため、法人名義の不動産を有効に利用することができます。

丸の内AMS株式会社のご紹介

丸の内AMS株式会社は、「リースバック」「親子間売買」等、マイホームの活用を通じてお客さまのご要望にお応えしております。

丸の内AMS株式会社は、リースバックの専門会社として、専門の担当者がリースバックのメリットやデメリットを含めたアドバイス、サポート、および、「リースバック」「親子間売買」等の手続きを行います。

個人、法人問わず幅広くサービスの向上に務めて参ります。リースバックにつきましてはお気軽にお問い合わせください。

会社概要

社名 丸の内AMS株式会社
所在地

<東京・丸の内本社>

〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-4-1
新国際ビル8階

電話/03-6268-0151(代表)
FAX/03-6268-0152

                

<横浜オフィス>

〒231-0062
神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7
ヒューリックみなとみらい(旧TOCみなとみらい)10階

代表取締役 安田 裕次
設立年月 平成13年 2月15日
資本金 9,500万円
所属

(社)全日本不動産協会
(社)不動産保証協会
国土交通大臣(1)第8749号

テレビやマスコミで解説しています

リースバックという言葉が今ほど浸透していなかったころから、テレビや雑誌など各メディアに出演してリースバックの解説をしてまいりました。

  • テレビ朝日の富川アナと当社代表・安田
    テレビ朝日の富川アナと
    当社代表・安田
  • 毎日放送「VOICE」
    毎日放送
    「VOICE」
  • TBS「報道特集NEXT」
    TBS
    「報道特集NEXT」
  • テレビ朝日「報道ステーション」
    テレビ朝日
    「報道ステーション」
  • テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
    テレビ東京
    「ワールドビジネスサテライト」
  • フジテレビ「とくダネ!」
    フジテレビ
    「とくダネ!」

弁護士・司法書士が安心のバックアップ

多くの人が初めて経験するリースバック。不安の多い中、安心していただけるよう丸の内AMSには信頼できる弁護士、司法書士が在籍しています。

全員が不動産に精通しているうえ、離婚や自己破産を検討している場合でも安心です。

リースバック専門の相談員がずっと一緒です

丸の内AMSにはリースバック専門の相談員が在籍しております。

不動産や金融について鍛え上げられたプロフェッショナルなスタッフが、あなた専任の相談員となって、最後までずっと一緒にサポートします。

なんでも相談しやすいスタッフばかりです。「こんなことは無理かな・・・」とあきらめる前に希望を言ってください。

あなたの希望を叶えるためのプロと一緒に考えていきましょう。

お客様の声 ~実際に成功した方より~

実際にリースバックに成功した方々から、喜びのお手紙をいただいております。

みなさん、はじめは不安だったようです。中には、深刻なお悩みを抱えていた方もいます。しかし、進めるうちにその不安もなくなっていったようです。

リースバックの活用事例

実際のお客様のリースバック活用事例をご紹介します。実際に担当したリースバック専門の相談員による、ケース別の具体的な事例のご紹介です。

活用事例①

「カードローンの借金と住宅ローンをすべて返済。
今は余裕をもって住み続けることができています。」

黒川信太さん

【ご住所】
東京都江東区のマンション

【お名前】
黒川信太さん(仮名・53歳)

■ご相談までの経緯

担当の専門相談員 浜崎
担当の専門相談員
浜崎

黒川さんは、大手システム会社に25年間勤めて来ました。奥様とは職場で知り合い、お子さんは2人授かりました。

給与も毎年上がっていたので、コツコツ貯めた800万円を頭金にして18年前に1600万円の住宅ローンを組み、念願のマンションを購入。

それ以降は子供の成長に伴って出費は増えていきましたが、家族4人で順調に暮らしてきました。

ところが、マンションを購入して15年が経過したころ、子供達が相次いで私立大学へ進学することになりました。今の私立大学は入学金だけで100万円以上はかかってしまいます。

それに学費や教材費等がかかるので、黒川さんの貯金は長男が私立大学へ入学した年に全部使って無くなってしまいました。

そして翌年、今度は長女が私立大学に入学することになり、貯金の無くなっていた黒川さんは、困ってしまい、とりあえずはカードキャッシングで不足を補うことにしました。

カードキャッシングで150万円の借金をした黒川さんは、その借金の返済、学費の支払い、生活費等が重なり、これからの生活を心配するようになりました。

この当時の気持ちを後になって振り返った黒川さんはこうおっしゃっていました。「毎日ストレスを感じていたが、男の見栄で、家族には困っていると言えなかった…」

そんな状況のまま1年が経過。このままではどんな悲惨な末路が待っているのか…将来に備えようと考えた黒川さんは、家族に事情を話し、一家でリースバックのご相談に来られました。

■リースバック完了まで

お話をした後、話はトントン拍子に進みました。

黒川さんのご自宅を査定すると、諸経費を入れて1,200万円で売却するのが適正だと算出しました。

家賃については、1,200万円の6%が年間の家賃となる計算です。そうすると、月額の家賃は6万円になる予定です。

カードキャッシング150万円と住宅ローンの残り500万円を完済して手元に残ったのが550万円。現在の収入と合わせると十分な資金となりました。

これなら毎日の生活に余裕を持ちながらも、今まで通り自宅に住み続けることができます。

黒川さんは、ずっと一人で悩んできたので、無事にリースバック契約を迎えた時、本当に安堵の表情を浮かべていました。

そして、3年後の買戻しを目標に、「今から更に仕事も頑張って行きます!」と私に力強くおっしゃっていたのが印象的でした。

活用事例②

「収入が減ったため親子間でリースバック。
住み続けながら将来は息子が買い戻します。」

長谷川浩三さん

【ご住所】
大阪市阿倍野区の一戸建

【お名前】
長谷川浩三さん(仮名・56歳)

■ご相談までの経緯

担当の専門相談員 浜崎
担当の専門相談員
浜崎

長谷川さんは、重機をリースする会社でお勤めされており、営業の仕事で数多く新規開拓を行い、20年を経つ頃には部長職に就いておられました。

仕事のやりがいを感じる事は勿論のこと、愛する奥様とお子様二人にも恵まれて幸せな毎日でした。そして、その家族のためにマイホームを購入。順風満帆な生活を送っていました。

しかし、勤めていた会社の経営者が、会社の資金を私腹の為に使い込んでいた事が発覚しました。大口の取引先からの信頼を失い、事態が一変。会社が倒産する事態になったそうです。

長谷川さんは、「今まで会社のためと思って頑張ってきたのに・・・」と、目の前に広がる現実に、不甲斐ない気持ちになりました。

収入は無くなり、退職金もでない状況の中、再就職先を探すことに・・・。しかし、仕事はそう簡単に決まらず、アルバイトをしながら生活を送っていました。

貯えを切り崩しつつ、毎月15万円を超えるローンの支払いは厳しいものでした。奥様は腰痛持ちで仕事が出来ず、「家族には心配と負担をかけたくない」と、一人で頑張られていたそうです。

「このままでは、住宅ローンも税金も払えなくなってしまう・・・なんとかこの状況を改善しなければ・・・」と思い、銀行の担当者に相談したところ、リースバックという解決方法がある事を聞いて、ご相談に来られました。

■リースバック完了まで

長谷川さんは、「体の弱い妻と子どもの為に住み続けたいのですが、本当にそんな事ができるのでしょうか?」と不安そうな様子でした。

そこで、上の息子さんが社会人になるまでは投資家に預かってもらうことを提案。その息子さんの収入が安定すれば息子さんが買い戻す方法です。これなら、それまでとなんら変わらず住み続けることができます。

ご自宅の査定をした後、家賃や条件面を調整。その後、すぐに日程調整を進め、リースバック契約が完了。

無事に住み続けられることになりました。

奥様は安堵された様子で「私たち家族の為に、解決していただきありがとうございます。みんなでこの家に住み続けられることが出来るのが夢みたいです。」という言葉をかけてくださいました。

息子さんも「早く買い戻すために勉強して良い会社に入って頑張ります!」と嬉しそうな顔でした。

活用事例③

「老後の豊かな生活のため、70歳からのリースバック。」

田村圭吾さん

【ご住所】
横浜市南区の一戸建

【お名前】
田村圭吾さん(仮名・70歳)

■ご相談までの経緯

担当の専門相談員 浜崎
担当の専門相談員
浜崎

田村さんは個人タクシーを30年以上続けてこられ、現在は自宅1階と駅前ビルでカラオケ喫茶を経営しています。

また、年金等で毎月18万円の収入があり、事業資金として日本政策金融公庫から借りている450万円の借金のみありました。

田村さんも奥様も、ともに70代で、最近、田村さんは脳梗塞を発症し、歩行が不自由になりました。

田村さんは自分たちが亡くなった後は、自宅を子供たちに残してやりたいという希望をお持ちでした。

しかし、もう独立しているお子さん達は、30年も前に建てられた家を相続することを拒否しており、最終的に田村さんご夫妻の「終の棲家(ついのすみか)」にすることにしました。

ところが、今度は田村さんの奥様がガンで入院したので、カラオケ喫茶の営業が停止。家計が一気に苦しくなりました。

最初は年金等も使いながら何とか借金の返済を続けていましたが、毎月の支払いも大変なので、田村さんは自宅に住み続けながら資金を捻出する方法はないかと考えるようになりました。

そこで目をつけたのがリースバック。

■リースバック完了まで

田村さんの希望は、自分たちが2人とも亡くなるまでリースバックしてもらいたいという事だけでした。

田村さんのご自宅には事業資金の抵当権が設定されており、残債務は約450万円です。残債務はそう多くは無いのですが、ご自宅は昭和58年築で、建物の価値が無く、実質は土地の価値だけです。

まずは、田村さんたちが無理なく賃貸できるよう、条件面の調整や、家賃の保証会社の審査を通す手立てを講じました。

リースバックでは数年後に買い戻しを希望することが多いですが、今回、買い戻しはせず、出来るだけ家賃も抑えました。

田村さんは、借金も全額返済し、当面の病気の治療費や生活資金を手元に残すことが出来ました。

今、田村さんは、長年住み慣れた家で、奥様と2人で穏やかな日々を過ごしながら、少しでも奥様が長生きできるよう、抗がん剤治療を続けています。

遠くに住んでいるお子さん達も時々様子を見に来て、お父さん、お母さんとの大切な時間を一緒に過ごしています。

今回、田村さんご一家の皆さんに感謝され、本当に良かったと思いました。

よくあるご質問

リースバックについて、お客さまからよくいただく質問とその答えを掲載しています。
他にも「聞いてみたいこと」がありましたら、お気軽にお問合せください。

Q.住宅ローンを滞納している場合でもリースバックはできますか?
A.可能です。
借入先の銀行と話し合いのうえ合意を得るとリースバックをすることが可能になります。多くの不動産会社では不可としているようですが、当社では積極的に実行しております。
Q.いつ現金を受け取ることができますか?
A.お申し込みから早くて2日で受け取ることができます。通常は、およそ2~3週間くらいが目安です。
Q.毎月の家賃はいくらになりますか?
A.年間の家賃が売却金額のおよそ“6%~”になり、それを12で割った金額が毎月の家賃となります。

例)900万円で売却、年間の家賃が6%の場合
900万円×6%÷12ヵ月 = 4万5,000円が月々の家賃となります。

Q.売却金額はどうやって決めるのですか?
A.周辺相場を元にしたうえ、お客さまのご希望金額をお聞きして、調整・決定します。
Q.もちろん高く売却するほうが良いですよね?
A.そうとも限りません。
もちろん高く売却すればそれだけ現金は受け取ることができますが、その分、家賃も高くなってしまいます。
つまり、「受け取る金額」と「毎月の家賃」のどちらを優先するかを考慮したうえで、売却金額を調整するのが良いでしょう。
Q.誰が購入して大家さんになるのですか?
A.当社が購入します。
ただし、より良い条件・ご希望に応えるために、登録していただいている投資家(法人・個人)に購入していただく方が良い場合もあります。
Q.買戻しに期限はありますか?
A.とくにありません。
もちろん、あらかじめ購入時期を決めておくことはできます。

お電話での無料相談

「ちょっと聞きたいな・・・」「こんなこと聞いてもいいのかな・・・」など、気にせずお気軽にお話しください。リースバック専門の相談員がお聞きしてアドバイスします。

東京・丸の内本部 0120-66-2085

無料メール相談フォーム

お名前必須  
フリガナ必須 セイ 
メイ
ご住所必須
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
  4. 建物名 

    ※マンション・アパート名、号室等もご記入ください。

連絡先必須 電話番号   

メールアドレス

メールアドレスをもう一度ご記入ください。
ご相談内容
送信確認必須