リースバックのケース
(活用事例)

住宅ローンを滞納している場合、または、差押さえがされている場合でも、リースバックができます

リースバックは、住宅ローンを滞納している場合、競売を申し立てられている場合、差押さえがされている場合でも、債権者(借入先の金融機関や役所)と話し合いのうえ合意すれば、活用することができます。

債権者との話し合いは、私たちリースバック専門の相談員が行います。競売を回避することで、今まで通り住み続けることが可能になります。

敷金、礼金は不要です

リースバックをする際に、敷金や礼金をお支払していただく必要はありません。毎月の家賃のみをお支払いしていただくだけです。

注意点としては、保証料が必要な場合があります。これはケースバイケースですので一概に言えませんが、およそ家賃の1か月分です。

将来的に買い戻すことが可能です

リースバックの最大のメリットは、「現金を受け取ったうえ、かつ、住み続けることができること」です。

ただし、自宅を売却して、その売却代金を受け取っていただきますので、名義は買主である当社(または投資家)に変わるというデメリットがあります。

そのデメリットを補完するのが、「買戻し」です。

買戻しとは、将来、住宅ローンを組めるようになった場合や、現金が用意できた場合に、リースバックした自宅を再び購入することです。ご家族やお子さんの名義での買戻しも可能です。

例えば、将来お子さんが住宅ローンを組むことができるようになった際に、お子さんの名義で買い戻していただくケースが多くあります。

対応エリア

当社は首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西(大阪、兵庫、京都、奈良)については即日対応しております。

「早く現金が必要」「競売が差し迫っている」「子供の学校卒業まで住みたい」など、お客様のご希望に沿って最適なリースバックをご提案します。